FC2ブログ

InAequabilitas

 moneo in reticentia - audi.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閉鎖病棟の中で

何年も何年も先延ばしにした死がこれからやっと訪れる. 誰かに途中で見つかってしまうことを恐れながら, 致死量のカフェインを飲む.
可能な限りロジカルに動こうと, 思考しようとしてきた. 論理を突き詰めるためにモデルを構築したら, 自殺が導かれた. 僕が寄り縋った論理は僕を殺すことになったわけだけれど, それに対して恨み言はない. 誰のことも恨んでいないし抑鬱すらもう消えてしまった. ここ最近はただ自殺の計画を立て, どのように閉鎖病棟から脱出するか, どれくらいの薬を飲めばいいのか, どこなら見つからないで済みそうか, そればかり綿密に考え, それを忠実に遂行することしか頭になかった. 衝動性は失われた. 主治医は僕を「死に対して冷静すぎる判断を下しているため非常にリスキー」と入院時に評価したが, まあそうなのだろう. 自殺計画だけがリアルさを帯びて迫り, それ以外の生活は全て偽物のようだった.
それなのに時折非論理が首をもたげる. 入院は恐ろしく暇なので性欲という厄介な雑念が浮上してきてよくない. 欲望は論理を薙ぎ倒していこうとする. 僕が自殺の理由を滔々と論理で固めて喋ったら, 主治医は「理屈じゃないんだよ」と言った. 理屈じゃなければ僕は納得しない, と応えて僕は頑固に結論を固持したが, 「理屈じゃないんだよ」を受け入れてしまいそうなほどに性衝動は非論理的である. けれども今まで性の悦楽の中で希死念慮や虚無を忘れたことはあったか?そんなことはなかった. それなのに, 虚無を一時的に忘れさせるほどの快楽を求めてしばし逡巡していた.
手っ取り早く意識に登場する具体的人間を用いて性欲を解消しようと試みるわけだが, 背徳感と自罰感情と申し訳なさが膨らむばかりである. 別に誰でもよかったのだ. 女だろうが男だろうが, そんなこともどうでもいい. その人間でなくてはならない理由などどこにもない. にも関わらず意識にはひとりの具体的人間が浮かび上がるので困っていた. 早く衝動を切り離して厳密な論理に立ち返りたかった. けれども性欲は厳然とそこに聳え立っていた. 僕としたことが, と情けなさに襲われている.
理性と欲望が互いを屈服させようと闘っている. しかしたとえ欲望が勝利しても自殺という結論は変わらないだろう. そして僕が死ぬときは必ず一人だろう. 二人で夢が見られないように, 死も個々人によって体験される. 「死の共有」は心中であっても起こり得ない. ひとは死ぬとき必ず孤独だ.
絶対零度の理性のなかでなお蠢く零点エネルギー, それが性的衝動であったのだろう. 愛されたいとはもう思わない. 愛情の力などとっくに信じていない. 誰でもいい, ひたすらに犯し犯されたかった. 嫌悪した性行為を求める自分に気がついて矛盾に苦悩した. その苦悩さえも密やかに甘いものに変えてしまうのだから, 欲望の非論理性は途轍もない. いま誰かと性的に繋がれば死なずに済むのか?そんなことは断じてない. そうだというのに, 相手の脊椎を頸から腰までゆっくりとなぞりたいし, 僕の傷に冷たい舌を絡めてほしいという願望ばかりが身体を突き上げた.
それが何になろう?現実には僕はここで一人. 誰に思考を白状することもなく, 黙々とカフェインを嚥下する. これから訪れる激しい苦痛を思うと, 被虐的かつ嗜虐的な興奮がわずかにある. 口にすれば思いはたちまちしゃぼん玉のように消えてしまうから, 文章にしている. さあ, こんなくだらない思いに悩む僕を, 蹴飛ばして嘲笑してくれないか. 何も僕の精神の水面を揺らすな. 僕は水が零れないようにそっとそれを運ばなくてはならない. どこに向かって?自殺に向かって.
何を期待しているのだろう. なんにも, なんにも, 期待などかけていない. 今度こそ僕は自殺を遂げるだろう. それは論理だ. 衝動は強制終了される. それでいい, それがいい.
全て今日でおしまい. 僕の世界は無に帰する. もう長い間泣いていない. もし失敗して病院で目覚めたら僕は涙を流すだろう. それはまた起こったら考えることだ. 今はなだらかにおだやかに, 死をただ待つ.
スポンサーサイト

Comment

2018.02.02 Fri 18:05  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2018.02.13 Tue 23:33  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018.03.27 Tue 19:29  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018.03.27 Tue 21:37  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://noncomposmentis.blog36.fc2.com/tb.php/328-42fe407b

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

Biography

北落師門

Author:北落師門
死に至るまでのしばらくだけ,文章を書き散らすための場所

Latest Articles

Comments

Trackbacks

Links

Categories

Search

 

Counter

Current Visitors:

Archives

Mail Form

Name:
Mail:
Subject:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。