InAequabilitas

 moneo in reticentia - audi.

CURRENT MOON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閉鎖病棟隔離室

12月中旬のある午後、カフェインを合計3gほどODした。死ぬつもりはなかったが、死ぬかと思うほどに吐いた。胃酸さえ全てなくなるかのように感じた。二日目の昼、行きつけの病院の最寄り駅まで這うようにして行った。(地下鉄にまで乗ったのである、なんと。)そして大学の守衛室にふらふらと入り、救急車を頼んだ。意識は最後まで失わなかった。
主治医が精神科への入院が必要ですと告げたとき、僕は特に驚きもしなかったのであったが、そんないきなり入院させられては困ると一応拒絶の意を示した。しかし主治医は居住区の市長に連絡してでも入院させるというのである。それなら仕方ないといって入院することになった。閉鎖病棟の隔離室である。病室には外から鍵が掛けられ、室外には出られない。それ以前に点滴チューブ(メトクロプラミドだった)に繋がれていてベッドから動けない。窓外さえも見られない。というのも、窓には擦りガラス風のフィルムが貼ってあり、外が全く見えないのであった。部屋の中には尖ったものが一切なく、はじめはちらほらとあった紐状のものも、数日後に首吊り未遂を起こしてから一切なくなった。ベッドのシーツに至るまで、全て。窓は5cmしか開かない。蛍光灯は高すぎて届かない。窓ガラスは割れそうにない。薬は飲むところを監視されている。ということで、僕は死ぬ術さえも奪われたのだった。死ぬ事さえできない、と主治医に訴えたら薬が増えた。
入院中は行動制限・面会制限・通信制限すべてが最も厳重なレベルに設定されていた。だから親族にすら面会許可が下りず(会いたくなかったのだけれど)、病棟内の公衆電話も使えない。そもそも閉鎖病棟にはパソコンもiPhoneも持ち込めない。持ち込める物のほうが少ないのではないかと思うほど持ち込み物の制限が厳しかった。箸もスプーンも持ち込み禁止である。ガラスコップなど以ての外。もちろん理由は「自殺企図・自傷行為が切迫しているため」である。
外来では15mgだったエビリファイは24mgに増えた。それに加えて朝晩4mgずつのロナセン。眠る前に200mgのセロクエル。(鬱病との診断はどこへ行ったのやら。)それでも夜は眠れず、夜中に50mgずつセロクエルを数回追加するのが常であった。今の僕はセロクエルなしでは眠れない。
スポンサーサイト

Comment

2015.09.04 Fri 23:44  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016.01.04 Mon 23:16  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016.04.05 Tue 09:55  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016.08.03 Wed 15:13  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016.10.07 Fri 04:08  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://noncomposmentis.blog36.fc2.com/tb.php/311-86c9d700

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

Irony, Satire and Truth

Biography

北落師門

Author:北落師門
特徴: 研究者気質(何)、厭世家、人嫌い、典型的ブックワーム。
大量の学問だけで出来ていると思う。詭弁と皮肉で武装している。
目の悪さが半端ない。あと、電話と食事と世間話が天敵。
Detail/本棚

Latest Articles

Comments

Trackbacks

Link

Categories

Search

 

Counter

Current Visitors:

Archives

Mail Form

Name:
Mail:
Subject:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。