InAequabilitas

 moneo in reticentia - audi.

CURRENT MOON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョウセンアサガオ栽培途上

忙しすぎる!ブログを書く暇も小難しい事を考えている暇もない。何という事だ...!
仕方ないので僕の家ですくすくと育っているチョウセンアサガオD. metelの写真でも晒す。そして解説もなくただ晒すだけ。でもとりあえず確認してみるけれど、チョウセンアサガオとは麻酔・幻覚作用のあるアトロピンを含有する有名な毒草。園芸や脱法ドラッグのほうではダチュラやダツラということが多い。わざわざ育てなくとも、(僕の家の近くにだって)雑草として跋扈している。しかし雑草化しているのはstramonium種やmeteloides種のほうばかりのようだ。
d.metel-sprout5粒蒔いて5粒とも発芽したが、1本死亡。残りの4本は順調に育っている。左の写真が発芽したてのもの。一番早いやつが播種後10日で発芽、遅いやつは3週間もかかった。忘れた頃にやってくる。d.metel-sprout-1右の写真は今さっき撮ったもので、発芽後1ヶ月強経過したところ。野菜のようにモシャモシャと茂ってきている。初めのほうに出てくる本葉は全縁のものがほとんどだが、今では緩い鋸歯が入ったものが多くなってきているようだ。因みに花色は黄色八重だそう。アトロピン含有量が高けりゃ何でもいいのだけれど!
実を言うと僕は今まで栽培に成功したと言えるのはスイセンとシマクワズイモとアサガオだけという途方もない栽培音痴である(笑)。色々な毒草の種を持っているのでトウアズキやら何やら栽培してみたかったのだが、どう考えても無理...というわけで、せめて雑草なら大丈夫だよなと思い立ち、チョウセンアサガオを播種。ついでにいうとセイヨウアサガオも蒔いてみたが危なそうだ。アサガオすら枯らしそうって、僕の栽培能力は小学生以下なのか。反省。

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://noncomposmentis.blog36.fc2.com/tb.php/278-e9a51356

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

Irony, Satire and Truth

Biography

北落師門

Author:北落師門
特徴: 研究者気質(何)、厭世家、人嫌い、典型的ブックワーム。
大量の学問だけで出来ていると思う。詭弁と皮肉で武装している。
目の悪さが半端ない。あと、電話と食事と世間話が天敵。
Detail/本棚

Latest Articles

Comments

Trackbacks

Link

Categories

Search

 

Counter

Current Visitors:

Archives

Mail Form

Name:
Mail:
Subject:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。