InAequabilitas

 moneo in reticentia - audi.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛覚考

今まで体験した(肉体の)痛みに順位をつけるなら何が上位に上がるだろうとか考えてみる(誰得)。

3番は剃刀を寝かせた状態で皮膚を引っ掻いた傷(剃刀負けみたいなもの)を、アルコールを染み込ませたざらざらのガーゼで擦ったときの痛みじゃなかろうか。説明がとてつもなく解りづらいが、広面積の剃刀かぶれをアルコール漬けの麻布でがしがし擦っている状態と想像してもらえばいい(やっぱり解りづらい!)。三重に痛いのだ。ただでさえ痛い傷、滲みるアルコール、そしてヤスリの如き布!さすがに痛過ぎて二度と"剃刀負け型"の自傷はしていない。いや痛過ぎてというよりは、切創のような潔い痛さ(?)でないのが気に食わないからかもしれない。それから地味に痛み続ける割には血が全くと言っていいほど出ないのも気に食わない。つまるところはとにかく気に食わないのである。

化膿した傷口を塩漬けにするときの痛さも半端ない。2位に推す。そこらじゅうイラクサまみれの山奥に行ったときのことなのだが、脹脛を変な虫か何かにやられた所が水泡になり、そうこうしているうちに破れてしまった。それも一カ所ではなく数カ所もある。しかし衛生条件は理想的ではない。傷を洗おうにも水道の水はろくに出ない。道端の細流で洗うのが一番だが(たぶん水道水よりも清潔)、地元の人々が飲み水にしているそれに膿を流すのもどうかと躊躇われる。かといってどうにかしないわけにはいかない。アルコールなどあるわけもないが、食事を出してくれる所に行けば塩は必ずある。ということで塩を醤油皿一皿分ほどもらい、気長に傷口を塩漬けにすることとする。アルコールよりも良い消毒方法ではないかと感じる。但し、滲みて痛いと評判(?)のアルコールを遥かに凌ぐ激痛に耐えるという代償がつく。どれくらい痛いかというと、筋肉の不随意運動が間欠的に起こるくらい痛い(要は痙攣するというわけだけれど)。当たり前だが、塩漬けの痛さは傷の深さと開いている面積に比例する。膿が完全に吸い取られ切るまで塩漬けにすると傷口は真っ黒に変色する。これがなかなか気持ち悪い(笑)。

一番は恐らく誰もが共感するだろうが、歯痛。そしてそれに連動する三叉神経痛。顔面の神経を全部取り除いたって構わないと思わせるほどの激痛で、更に厄介な事に(僕の場合)歯を磨く・普通の温度の水を飲む・物を咀嚼する時に当たるといった動作だけでも物凄い痛みを引き起こしていた。一旦痛みが始まると、文字通り10分は動けない。虫歯になったことはあまりなく、歯科にかかったことも人生に5度あるかないかだが、中学の時にやられたこれはきっと一生忘れないことと思う。麻酔注射を本気で欲しいと思ったのは後にも先にも(先は言い切れないが…)あのときだけだろう。

拷問にかけられた事も癌になった事も、四肢を切断する羽目になった事もない僕が並べてみた痛みの体験だが、書いてみればあのひどい痛みもまるで他人事のようである。そういえば骨折はしたことがあるのに非常に痛かったような記憶はない。むしろ眼科で視力検査の前にさした目薬(散瞳剤)の方が痛かった。
それから、身体が痛みに適応するというのは本当のこと。同じ所(左前腕内側)を繰り返し自傷していた頃、初めは痛くてごく浅くしか切れなかったのに段々と深く切っていってしまう事に気がついた。そのうえ、それさえも大して痛くなく感じる。考えてみれば随分と危険なものだ。現在は腿に移行したので、ちょっとやそっと深く傷つけた程度では大きな動脈に触れる事はなく安全…だと思う…。
ついでにもうひとつ最近の発見。古傷のない皮膚とケロイド化した古傷とでは、むしろ古傷(ケロイド)を切りつけるほうが痛みは少ないのだ。さすがにまだ開いている古傷をもう一度切りつける時はかなり痛いが。


にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 科学ブログへ
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://noncomposmentis.blog36.fc2.com/tb.php/235-788a7713

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

Irony, Satire and Truth

Biography

北落師門

Author:北落師門
特徴: 研究者気質(何)、厭世家、人嫌い、典型的ブックワーム。
大量の学問だけで出来ていると思う。詭弁と皮肉で武装している。
目の悪さが半端ない。あと、電話と食事と世間話が天敵。
Detail/本棚

Latest Articles

Comments

Trackbacks

Link

Categories

Search

 

Counter

Current Visitors:

Archives

Mail Form

Name:
Mail:
Subject:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。