InAequabilitas

 moneo in reticentia - audi.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二手で勝つ

フールズ・メイト(Fool's Mate)という罠がある。メイトと付いていることから判るように、チェスの話である。二手で負かされてしまう、なんとも悲しすぎるチェックメイトの仕方だ。
それも三種類もあり、知らないと引っ掛かってしまう(ということはぼんやりしている他人を引っ掛けやすい)…かもしれない。

1. g4 e6
2. f4 Qh4#


1. f3 e5
2. g4 Qh4#


1. f4 e6
2. g4 Qh4#


棋譜の読み方を解説していると面倒なので(逃)判らなかったらウィキを参照してあげてください。
ついでに三手で勝つ方法も幾つかあるが、やはり二手の方が痛い。覚えておくと得になる…かもしれない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
スポンサーサイト

Comment

2010.07.14 Wed 21:07  

本質的には1種類な気が…
(順番変えたか、ポーンの進行が2歩か1歩かの違い)


私は学者メイトが好きです。白番で5手で詰みます。
フールズはよほど相手がへまをせねば出来ませんが、
学者メイトは意外と対人でも引っ掛かりますよ…

2010.07.15 Thu 22:33  

いいこときいた。(?)
運がよければ。w
こころに留めておきます。学者メイトか。調べてみよう。

  • #DiO0Aag6
  • R.ogawa
  • URL
  • Edit

2010.07.16 Fri 22:59  

5手じゃなかった、4手です…
ポーン→ビショップ→クイーン→クイーン。







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://noncomposmentis.blog36.fc2.com/tb.php/153-37ac959e

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

Irony, Satire and Truth

Biography

北落師門

Author:北落師門
特徴: 研究者気質(何)、厭世家、人嫌い、典型的ブックワーム。
大量の学問だけで出来ていると思う。詭弁と皮肉で武装している。
目の悪さが半端ない。あと、電話と食事と世間話が天敵。
Detail/本棚

Latest Articles

Comments

Trackbacks

Link

Categories

Search

 

Counter

Current Visitors:

Archives

Mail Form

Name:
Mail:
Subject:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。