InAequabilitas

 moneo in reticentia - audi.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性善説と性悪説

人間は性善であるか性悪であるか。中国哲学において延々と議論され続けた話題であるが、結局答えは出ていない。僕としてはどちらでもないではないのかと思う。人間の本質は善悪などではなく、ただ好奇のみではないか。
あと少しでやっと一年が終了だ(日本と違って)。それからじっくり考えることにしよう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ
スポンサーサイト

Comment

2010.06.16 Wed 00:00  

個人的には、ロックのタブラ・ラサ説が正しいのではないかと思います。
環境に染まっていくと考える方が自然ではないでしょうか。
(ロンブローゾみたいな考え方もありますけど)
  • #-
  • 十六夜
  • URL
  • Edit

2010.06.16 Wed 01:13  

中国でも楊雄だったか韓愈だったかが似たようなことを言っていますね。環境によって左右されていくという。
僕は確かに善悪は環境から影響を受けると考えますが、それは何が善で何が悪であるかという点においてであり、それがない状態(タブラ・ラサ)では何者でもない、好奇が行動を支配しているのだと思っています。善悪の意識などではなく。
  • #MF8IyTP2
  • 北落師門
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://noncomposmentis.blog36.fc2.com/tb.php/146-2e3d48d0

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

Irony, Satire and Truth

Biography

北落師門

Author:北落師門
特徴: 研究者気質(何)、厭世家、人嫌い、典型的ブックワーム。
大量の学問だけで出来ていると思う。詭弁と皮肉で武装している。
目の悪さが半端ない。あと、電話と食事と世間話が天敵。
Detail/本棚

Latest Articles

Comments

Trackbacks

Link

Categories

Search

 

Counter

Current Visitors:

Archives

Mail Form

Name:
Mail:
Subject:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。