InAequabilitas

Date : 2012年11月04日

CURRENT MOON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エピステーメー

35年くらい前の思想誌エピステーメーを買ってみた。
episteme
第一印象は「何かこの装幀どこかで見たことある!」だった。暫くして講談社現代新書の旧装幀に似ていることに気がつく。
koudanshagendai
index案の定、装幀はどちらも同じ杉浦康平氏の手によるものらしい。目次もいやに格好いい。右の写真は「眼球—まなざしの哲学」のもの。カバーを外した講談社現代新書の表紙に似ていなくもない。
ブクログ本棚に登録しようとしたところ、古すぎてISBN番号がないせいか登録不可能(!)。数日前に買った80年代/90年代の別冊・数理科学も、一冊として登録できなかったのだけども。
今のところどれも未読だが、パラパラとめくってみたところ、これは...神雑誌の予感!(笑) 他の雑誌のように飯を食べながら読むのはちょっと不敬な気がする。押さえていないと机の上にうまく広げておけないという原因もあるにはあるが...
それにしても何だってエピステーメーは廃刊してしまったのだろう。当時と同じ価格の800円だったとしたらクオリティ高・価格低・装幀良しの三拍子揃った雑誌なのだ。しかし今売るとしたら、少なくとも現代思想と同じ1300円は取られるはずだろうなあ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
スポンサーサイト

Irony, Satire and Truth

Biography

北落師門

Author:北落師門
特徴: 研究者気質(何)、厭世家、人嫌い、典型的ブックワーム。
大量の学問だけで出来ていると思う。詭弁と皮肉で武装している。
目の悪さが半端ない。あと、電話と食事と世間話が天敵。
Detail/本棚

Latest Articles

Comments

Trackbacks

Link

Categories

Search

 

Counter

Current Visitors:

Archives

Mail Form

Name:
Mail:
Subject:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。