InAequabilitas

Date : 2012年05月28日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断片

「段々モラルが低下してきている」や「この国は右傾化してきている」など"~してきている"と末尾につく抽象的事象に関する主張には十分注意しなければならない。往々にしてそれは筆者或いは話者にとって"○○してきている"というだけだ。今まで純真無垢な社会しか知らなかった者が"モラルの低い"話を知り、確証バイアスが働き、"モラルの低い話"を更に2,3ほど見つけ、それで「モラルが低下してきている」と嘆いているのが現状である。元々世間のモラルは低かったが主張者がそれに気付いていなかっただけの話だ。モラルが低下している等々と宣う輩はどの時代にもいるような気がするのだが(「心が貧しくなった」だとか何とか色々な言い方はあるだろうけれども)、そうならば古代人のモラルは聖人並みに高かったという事になろう。
統計を示すというのはまあよい手だが、「統計でウソをつく法」という本がベストセラーになるくらいなのだから(自称正直者の僕の父でさえこの本を持っている)、何を言うにも反駁されないことなどほとんどないに等しい。だが統計に依れば少なくとも検証可能性を満たせるだけマシである。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
スポンサーサイト

Irony, Satire and Truth

Biography

北落師門

Author:北落師門
特徴: 研究者気質(何)、厭世家、人嫌い、典型的ブックワーム。
大量の学問だけで出来ていると思う。詭弁と皮肉で武装している。
目の悪さが半端ない。あと、電話と食事と世間話が天敵。
Detail/本棚

Latest Articles

Comments

Trackbacks

Link

Categories

Search

 

Counter

Current Visitors:

Archives

Mail Form

Name:
Mail:
Subject:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。