InAequabilitas

Date : 2011年07月20日

CURRENT MOON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DES

Dissociative Experiences Scale (DES)というものがある。解離体験指標とでも訳すべきか。解離性障害の程度を大まかに調べる為に用いられる一種の心理検査だ。ベック鬱病指標(BDIテスト)の解離性障害版のようなもので、28の質問からなる。スコアが30以上になると、DID(解離性同一性障害、俗にいう多重人格)の虞が高くなる。
ここで受ける事ができる(英語)。結果のページにも出てくるが、ベック鬱病指標と同様、これが絶対というわけではない。あくまで参考程度に。
追記に僕がやってみた結果。

どこかの本で読んだが、解離性障害の診断が最近増えているのらしい。増えている気があまりしない疾患でこれなのだから、鬱病の診断の増え具合は凄まじいと言えよう。震災後に鬱病者が増えるのは当然だが、そうではなくここ数年の話である。DSMが発行されてから精神疾患の診断は飛躍的に容易になった。しかしDSMに対する批判も多々ある。
次の記事で近頃増えている"鬱病"の実態を解剖してみようと思う。
スポンサーサイト

Irony, Satire and Truth

Biography

北落師門

Author:北落師門
特徴: 研究者気質(何)、厭世家、人嫌い、典型的ブックワーム。
大量の学問だけで出来ていると思う。詭弁と皮肉で武装している。
目の悪さが半端ない。あと、電話と食事と世間話が天敵。
Detail/本棚

Latest Articles

Comments

Trackbacks

Link

Categories

Search

 

Counter

Current Visitors:

Archives

Mail Form

Name:
Mail:
Subject:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。