InAequabilitas

Date : 2011年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記号化する感情/随想

実際にこうできたらいいんだがな。
Emo&Nerd
それよりも⌘Q(Alt+F4)したい。というかシステム終了(シャットダウン)が本望だったりする。
全てが数字で表せるならどんなにか楽だったろう。感情さえ記号化する。Deleteや⌘Z(Ctrl+z)さえも効いてしまう! 何たる素晴らしい世界! 無機質な現実の他には何も存在しない。いや、擦れ違う<現実>はただ画面に映し出された虚像に過ぎないのだ。今現在だって、例えば君の存在は単なるプログラムなどではないのだとどうして言い切れる?
悲しいのは全てに向かってお前は俺の表象でしかないと喚きながら、同時に表象であるべきその<現実>に操られ振り回されているという事実。しかしだからといって現実は仮想的ではないとは言えない。なぜなら銀幕の登場人物に思想や感情を影響されるというのは珍しい事ではないからである。仮想的ならば理想的なはずだというのも間違っている。夢が思うように運ばないというのもよくある事だからだ。だがこうやって批判に反駁するだけで<いわゆる現実は表象である>とも断言できない。ただ<現実は表象であるという可能性>を肯定したのみだということを忘れてはいけない。同じようにして、何かが正しいという根拠が見つかったとしても、それだけが真実なのだと結論づけられたのではなく、それであるという可能性が肯定されただけなのだ。この事に気づいていないから、人々は意味もなく対峙することになる。全ての可能性を包括して思考すること。これを日夜心がけているが、実際はなかなか難しい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ
スポンサーサイト

思考するための時間が足りない。静かな時間が足りない。それなのに思考が処理すべきはずの疑問と命題ばかりが手元に堆く積まれていく。それらが僕の脳裏を無秩序に駆け巡る。どうすればいい、どうすればいいんだ。窒息しそうな混乱。鬱屈する不満。

現在

現在日本にいる。昨日の夜に着いたってのに既に本を4冊ほど買った。それより本以外に何か買いたいものを思いつけ自分。
周囲に日本語が溢れている事に絶大な違和感を感じてみたり、店員の丁寧な接客態度に心底驚いてみたりしているところ。それにしても日本の店の接客態度は良すぎる。僕はもう店に入ったら「これいくら?」と訊いて「値札を見ろ値札を!」と店員に怒られるぐらいが普通なのだと思い込んでいる。(笑

断片

楽観主義者と悲観主義者が永久に相容れない様を眺めるのはなかなか愉快だ。どちらが絶対的に正しいわけでもないのだから、決着がつく事はまずあり得まい。
他人に対し批判精神の重要さを説く輩。自己批判精神の欠けている輩。この両者は大抵同一人物である。
でとりあえず僕は他人には厳しいが、自分にもっと厳しい…つもりではいる。人から「自分に厳しすぎる」と宥められるくらいだからきっと大丈夫だ、きっと。
何かを読んだり聞いたりして「考えさせられる」と思うだけでは駄目だ。考えさせるというのなら考えろ。そしてたとえそれが間違っていても、重要なのは考える事であってそれに対する他人の評価ではないのだということを忘れるな。
自分の考えだろう?「これはあくまで私の個人的な意見ですが…云々である誰々はこう言っているそうです…」などと断る必要などない。逆に「これはあくまで誰それの意見であり、私の意見ではないのですが」と前置きして話し始めるようにすべきではないか。誰それの意見だってその者の「私見」なのだから。ただそいつが自分より有名だっただけの話だ。先に断定しておいて、あとで明らかに間違っていることを見つけたら訂正すればいい。間違ってもいない(間違っていると証明されてもいない)のに譲歩してどうする。

省察

僕は何も聴きたくないから、イヤホンをして音量を最大にまで上げる。
僕は傷ついた精神を癒すが為に、己が身体を傷つけ血を流す。
僕は思考によって自分を追い詰めて、更に思考する事により抜け出す事を試みる。
(そんなことの繰り返しで、救われる事もないのは判っているのに)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

Irony, Satire and Truth

Biography

北落師門

Author:北落師門
特徴: 研究者気質(何)、厭世家、人嫌い、典型的ブックワーム。
大量の学問だけで出来ていると思う。詭弁と皮肉で武装している。
目の悪さが半端ない。あと、電話と食事と世間話が天敵。
Detail/本棚

Latest Articles

Comments

Trackbacks

Link

Categories

Search

 

Counter

Current Visitors:

Archives

Mail Form

Name:
Mail:
Subject:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。