InAequabilitas

Date : 2008年11月09日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善人について

やたらと慈善活動をしたがる奴は自己満足でしかない
自分が善人である事をアピールし確認する為にボランティアに明け暮れるものであると。

善は時折憎悪すら招く
よく考えもせずに相手のところに首突っ込むものじゃないよ。

本当の善人は見えない所で動く、要するに縁の下の力持ちってわけだ
見える所でいい人ぶりたがるのは大抵周りへの働き掛け。
俺は「いい人」だぞ。だからなんだよ。吐き気がする。

自分がいい人であるという自信が持てなくなった者がひたすら善行に走る
良心があることを確認する為、自分を肯定する為、恐らくそんな心理なのに違いない
本人は意識しておらずとも、僕には見える

「いかにも善人」には注意するようにしている、心からは善人じゃないからだ
人は自然状態においては常に闘争するもの―Bellum omnium contra omnes(ホッブズ)
自己犠牲とか、そんな滅多にできるもんじゃない だって人間だからさ。

善人!善人だってさ。
偽善者と自認しろ、むしろ気付け
僕はそんなものになるなら悪人に甘んじよう、僕が善人ではないことくらい僕は知っている

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ
スポンサーサイト

Irony, Satire and Truth

Biography

北落師門

Author:北落師門
特徴: 研究者気質(何)、厭世家、人嫌い、典型的ブックワーム。
大量の学問だけで出来ていると思う。詭弁と皮肉で武装している。
目の悪さが半端ない。あと、電話と食事と世間話が天敵。
Detail/本棚

Latest Articles

Comments

Trackbacks

Link

Categories

Search

 

Counter

Current Visitors:

Archives

Mail Form

Name:
Mail:
Subject:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。