InAequabilitas

Date : 2008年09月

CURRENT MOON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可愛い犯罪者達シリーズ-サムの息子

サムの息子、本名デヴィッド・バーコウィッツはアメリカの連続殺人者。
新聞社に手紙を書いたんだけれど、その一通目が(二通目も)文面が可愛すぎて泣ける。
以下殺人博物館からの完全なコピペ。管理人さん無断でごめんね。 

おまえに女嫌いと呼ばれて、おれはひどく傷ついた。ちがうぞ。
 おれはモンスターだ。
 おれは「サムの息子」だ。ちっちゃな「悪ガキ」だ。
 親父のサムは酔っぱらうと手がつけられない。家族をぶん殴るんだ。ときにはおれを家の裏にしばりつけたりもする。車庫に閉じこめることもある。サムは血を飲むのが大好きなんだ。
「外で人を殺してこい」と親父が命令するんだ。
 家の裏には何人か眠っている。ほとんどが若者だ。強姦され、なぶり殺され、血を吸いとられて、今じゃ骨だけだ。
 サムはおれを屋根裏に閉じこめることもある。俺はそこから出られないまま、窓から外をのぞいて、世界の動きをながめているんだ。
 おれはアウトサイダーのような気分だ。みんなと波長がちがう。人を殺すようにプログラムされているんだ。
 おれを止めるには殺すしかないぜ。よくきけ、ポリス。さっさとおれを撃て。撃ち殺さないのなら、おれの前にあらわれるな。さもないと命はないぞ!
 親父のサムはもう年だ。若さを保つためには血が必要なんだ。何度も心臓発作をおこしている。
「ああっ、苦しい、息子よ」。
 かわいいプリンセスがいなくなっておれはとってもさびしい。彼女はうちの淑女の館で休んでいる。でも、もうすぐ会えるはずだ。
 おれは「モンスター」だ。
「ベルゼブブ」だ。
「でぶのビヒモース」だ。
おれを狩りが大好きだ。通りをうろつき獲物をさがす。うまい肉はないかとな。クイーンズの女が一番かわいい。あの女たちの飲み水になりたい。おれは狩りのために生きている。親父の血のために。
 ボレリ様。
 おれはもう殺したくない。うんざりだ。でも「汝の父を敬え」というだろ。
 おれは世界中のやつらとやりたい。人間が大好きなんだ。でも、おれはこの世の生き物じゃない。おれをヤフーの世界に帰してくれ。
 クイーンズの人々へ。
 愛してるぜ。楽しい復活祭をむかえてくれ。
 この世でも、あの世でも、神の祝福があらんことを。
さようなら。おやすみ。
 それからポリス。この言葉をよくおぼえておけ。
 アイル・ビー・バック!
 アイル・ビー・バック!
 つまり、こういうことさ。
 バン、バン、バン、バン、バン。うわあ。
 敬具
 ミスター・モンスター



…お前、文が崩壊してる。
追伸多過ぎ。最後ちょw愛くるしww
逮捕された時も銃を突き付ける警察に、にこやかに笑って「僕がサムだよ。」って自己紹介したのらしい。
アメリカって凶悪犯罪者が多い代わりにおバカな犯罪者も多いよな。
スポンサーサイト

東金2

今日やっぱり警察から「車じゃないか」っていう話が出た。
犯行時間ずいぶん縮まったな。でも30分なら十分だと思う。子供だから5分で窒息はさせられる。

元警視庁捜査一課長の田宮榮一さんがテレビに出てた。
それで病院もしくは家族に対する恨み、とか言ってたけど、違うと感じる。
裸にして晒すってのは恨みっぽいが。でも恨みならもっと死体を無惨にしておくだろうな。僕が犯人なら。
ペドフィリアの線が一番かな。隣にいた高村元外相似の人が性犯罪者とは限らないって言ったけど。
可愛くて仕方なかったから車から投げ落さないで御丁寧に置いた。だから外傷はなかったんだろう。
犯行を誇示したい人ってのは納得。でも知能が低いか一貫性のない人。死体は見つけやすい所に、そして服は車の後ろと下。
計画性はあったのか。袋を用意してあったから計画的って言われてたが、車なら袋くらいあってもいいんじゃないかな。
大体こんな事件を起こす人は行き当たりばったりだったりする。犯罪心理学により。

東金の事件について。

いきなりそんなものを書く。

周知の通りのあの東金の成田幸満ちゃんの死体遺棄事件のこと。
絞殺の跡や外傷はなかった。そして口の中には嘔吐物があった。
そこから警察は毒殺といっている。

けれど嘔吐って考えたら…加速度病、とかどうか。要するに乗り物酔い。
30分の間車に乗っけられて連れ回されたら酔う子なら吐くかも、と思う。

それから「近所の不審者」情報として刃物女とか出てた。
それは関係ないと思う。だって刃物持ち歩く人なら刃物使って殺すでしょ。
犯人はペドフィリア(幼児性愛)の人だと見た。違うならなんで衣服なんか脱がす?証拠隠滅の為なら服を駐車場に放置しないよ。
雨の日だったのは偶然かも知れないけれど指紋とかの証拠を流せるから。あと警察犬出動しても臭いは流れちゃってるからもう効かない。

事件の解決のためには「犯人になって考える」べきだと思う。僕ならどうしたか、とか。
警察はプロファイリングとかに頼り過ぎて迷宮に嵌ってゆく。役に立たないとは言わないけれども。

管理人の説明書

管理人、北落師門と申します。
語り口は癖があるかと思います。悪しからず。
自分大嫌いなのに傲慢、批評はするけど行動力皆無、他人といる時のプライドは高いくせに自己評価最低という特性を持つ人間です。
他人の前にいれば穏やかな厭世家・和やかな人間不信者という感じですが。
クレペリンの分類では典型的な分裂気質(いや、もう分裂質に近い)、性格検査で言いますとエゴグラムはW型(bcaca)、エニアグラムはタイプ5です。
そして更にアングラ的な要素が付け加わったり。
あらゆる学問が好き。運動神経無し。家系の影響で芸術も好き(彫刻と書道は駄目ですが)。
宗教に関しては、無神論の原理主義者みたいな人間です。でも科学主義者ではないし、宗教を真っ向から否定することもありません。
下らない詳細はこちらへどうぞ。あと、本棚もあります。
一応、こんな人間が書いているブログなので。

コメントの返信は、真面目に答えられなさそうだったらしません(すみませんが)。別に不快だったとかではないので御安心を。(でも最近はできるだけ全部に答えようと頑張っている!)
正当な議論と建設的な批判は大歓迎です。コメントにはいちいち敬語を使わなくても大丈夫ですよ。
僕の全ての知人(リアル・ネット問わず)への頼み事(これ重要)

管理人の呼称について。僕のPCには単語登録してあるのでいいのですが、打とうとすれば気付くと思います。変換が面倒。
というわけなので「北」一文字でいいのです。「落」まで入れても面倒ですし、僕の名前は実は区切りがなかったりするので。

カテゴリの説明:
随想批判―思いついたこと、若しくは批評。時折情報不足で変な事を書いていたりもします。間違っていたら遠慮なくご指摘ください。
事件・刑事司法―文字通り。刑事事件と刑事司法、犯罪史・犯罪学に関わる記事。
有毒植物―そのままです。
数学―高尚な数学は出てこないと思われます。
科学雑記―物理学から医学まで、およそ科学で括れるものを全部ぶち込んであります。
零度のエクリチュール―文学関係。鍵記事は自作詩もどきが多いです。どうしても見たければ答えはググれば出てくるんじゃないかと思います(そこまでして見る価値あるのかという話ですが)。因みにバルト氏の某著作とは一切関係ありません...
未分類―まあ、その他…

何となくランキングに参加してみました('11 06 30より)。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 科学ブログへ

管理人のメンタル問題については下記反転。
管理人は解離性障害持ちで、普段はAPD・SADかシゾイド的ですが、ひどくなるとBPDのようにもなります(DIDと言われたこともあるけどそりゃないだろ)。人に向かう力がほぼゼロに近いため、幼稚園の頃から受動攻撃的性格です。視線恐怖、背後恐怖もひどく、人の目を直視する事が出来ません。
強迫的、神経症的傾向もあるようで、また幻覚・自傷癖(もう既に中毒?)・自閉傾向・自殺願望…などと数年(自傷は10年越したか)同居中。
滅多にキレませんが(常に苛立ってはいますけれども)、極限まで追い詰められると人に向かい、色々法に抵触したりしそうになります。というかなりました。(たとえ趣味であっても)法を学ぶ人間がそんな事を言うと一気に信憑性無くなりますけどね…(苦笑
普段はこれらについては書かないようにしていますが、どうしようもなくなれば吐き出します。これも悪しからず。

Irony, Satire and Truth

Biography

北落師門

Author:北落師門
特徴: 研究者気質(何)、厭世家、人嫌い、典型的ブックワーム。
大量の学問だけで出来ていると思う。詭弁と皮肉で武装している。
目の悪さが半端ない。あと、電話と食事と世間話が天敵。
Detail/本棚

Latest Articles

Comments

Trackbacks

Link

Categories

Search

 

Counter

Current Visitors:

Archives

Mail Form

Name:
Mail:
Subject:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。